元相葉担が七五三掛龍也を勧める話

 

 

ずっと書こうと思っていた、元担と現担の話!YouTubeでの動画配信が始まり、七五三掛くんを気軽に見て頂く機会が増えたんじゃないかと思い、ついにこの話をしようと思います!!

 

結論から話すと、嵐が好きな人,特に「相葉くん」が好きな人は、TravirsJapan所属の七五三掛龍也くん、通称しめちゃんが多分好きになるタイプで、これから注目してほしいって話です(笑)

 


相葉くんを応援してる方の中では、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?"七五三掛龍也"という名前を。相葉くんが可愛がっている後輩の一人で、雑誌やラジオで度々名前を出してくれています!一緒に手巻き寿司パーティーをしたりゲームをしたりしてるみたいで、Twitterなど調べていただくと色々エピソードが出てきます(^-^)

 

ちなみにお顔はこんな感じ!基本的に顔がとっても可愛い♡コンサートで見てもだいたい顔が可愛いで一通り盛り上がれます(笑)

現在22歳で、今年の6/23日で23歳になります

尊敬する先輩は相葉くんと手越くん!

気になるかたは最新プロフィールをご覧下さい!


f:id:maknkger:20180321152716j:image

 


 

二人の共演は嵐のジャポニズムツアーで、トラジャがバックについたことがきっかけで、仲良くなりました!ホテルで警備員の方に相葉くんの部屋どこですか?と聞いてお部屋に遊びに行ったという逸話もあり、相葉くんもビックリしたとの話が(笑)

 

何故私が相葉担にしめちゃんを勧めるかというと、二人のエピソードが可愛いと言うこともあるのですが、個人的に共通点の多い二人だと感じるからです!なので、二人の担当をした中で、どこに通ずるものがあるのかをこちらでダラダラ語っていこうと思います(笑)個人的見解なので、そこは違うだろと思われたらすみません!

 



※トラジャはJr.の中でダンスを売りにしており、2015年PLAYZONEで潤くんが見学に来た際、彼らをバックに使いとの申し出があり2015年のツアーバックに選ばれたことが後の雑誌で語られています。

 

1.愛されキャラの天然ボーイ

もう、これに尽きます。とりあえず二人ともめちゃくちゃ愛されキャラ!この二人の事を嫌いという声はあまり聞かないですし、他のグループが好きな方からも可愛いと言われるタイプの二人です(笑)グループでのトークを聞いてても皆を癒してて、二人が話せば周りの空気が温かくなる、そんな空気を纏ってます!そして、相葉くんといえば天然!!いつも二宮くんから愛あるツッコミで何回笑ったことか!!(にのあい大好き人間)その相葉くんから"しめちゃんは天然だね"と言われてます(笑)え!天然が天然っていうなんてどんだけなの?!って感じですが(笑)類友です。

気になるエピソードはしめちゃん 天然で調べてみてください(笑)ちょっと多過ぎて、どれから言えば良いのか分からない(他力本願)

伝説のクイズTravis Japanは必見です!公式では見れないので、某動画サイトでご覧下さい…七五三掛くんぶっ飛んでます(笑)そして、今よりチャラチャラしてます(笑)キャラ迷走期!!

 

2.小顔で黒目がちなキュートフェイス

相葉くんと七五三掛くんってどっちもかなり小顔!!!二人ともグループの中では1番小顔です、多分(笑)いつかの雑誌で七五三掛くんの頭囲は54㎝と発覚。54㎝ってめっちゃ小さくないですか???何歳児???その為よくベッドマイクが取れちゃってます(笑)

そして二人とも黒目がちのうるうる瞳!!相葉くんのうるうる瞳は本当に守ってあげたくなっちゃうし、なんでそんなにキュートなの?っていつも思ってました(笑)それを今は七五三掛くんにも、同じように思っています。二人の瞳取り敢えず並べてみました…。雑コラすぎて、ごめんなさい!

 


f:id:maknkger:20180321152559j:image

 

スーパーカッワイイー!!!!クルクルお目目に引き込まれそうとはまさにこの事!!

 

 

 

あっ、そういえば私が七五三掛くんにはまった頃、え!これ相葉くんじゃん!って思ったのがこちら↓

 


f:id:maknkger:20180321152751j:image

 

 

この煽り相葉くんでしかない!!!(笑)

これは2013年の話なので、多分まだ相葉くんとは交流が無い頃なんですが…。読んだ瞬間二人が出会うのは運命でしか無かったと確信しました。

 

 

 …

 

具体例を出しながらブログを書くって凄く難しいですね😅ステマする予定が結構投げやりになってしまいました…。七五三掛くんの魅力は動画で見て頂く方が100倍伝わるので、このブログを読んで少しでも気になったと言うかたが居られたら、ひとまずこの動画を見て欲しいと思います!!!相葉くんと七五三掛くんもそうですが、トラジャは嵐のようにグループの雰囲気がふんわりしてて、他下げをせずに笑いが生まれるグループです!Jr.なんて…と思ってた私が沼にどんどん落ちていったので、人生何があるか分かりません。このJr.がYouTubeに公式アカウントを作ったというタイミングで、是非沼にはまりませんか??また、ジャニーズwebでも"とらまる"という名でトラジャの連載が始まったので、ぜひそちらもご覧下さい!きっと癒されます♡

 

 

 

 Travis Japan、絶賛企画会議中!第一回目の企画に決まったのは??? - YouTube

 

 

 

とあるヲタクの決意表明

なんとなくTwitterには書きづらいので、こちらに久々に投稿してみる。

年も明けてなんとなく私の中では決めたこと。 過去を振り返るのは一旦やめて、今は着いていけるところまでは前だけ向いて進んで行こうという事。

私はTravis japanの七五三掛龍也くんを応援している。2017年はトラジャにとって様々な出来事があった。失ったものも得たものも沢山あったし、寂しい思いも嬉しい思いだもしてきた。その中で唯一変わらないものは、前しかみてないと発言する七五三掛君の存在だ。

そんな七五三掛くんを応援できたこと、めちゃくちゃ楽しかった。だって七五三掛くんはいつでも最高を更新してくれるから。皆が泣きそうになってたキントレオーラスも七五三掛くんは涙を全く見せなかった。そんな七五三掛くんが強くてこれからも可能性は無限大だと思わせてくれた。

夢ハリに、「過去と別れを告げ~(略)覚悟して今を生きよう」という歌詞がある。決して今までを無かったことにするなんて無いが、一旦今までの出来事はトラジャ第1章として、宝箱にしまっておこうと思う。

これからはまた新しい七五三掛くんをみれると思うとワクワクしてきた。きっと、未来はとっても明るい!でも、不意に過去を思い出してしまう時には、当時を知っている友人と飲みながら語れたらと思う。

書いておきながら言いたいことがよく分からなくなってしまったが、とにかくトラジャ第2章を全力で応援するべく、過去は1度置いてこれからの七五三掛くんと見られる景色を楽しみにこれからもヲタ活に励んで行こうと思います。

単独横アリ公演本当におめでとう!!!! トラジャとトラジャのファンで埋まる会場が今から本当に楽しみです!!新たな伝説作っていこう!!

24コンとTravis Japan単独EXオーラス公演

 

 

トラジャ単独公演終了後、どこかでこの空気感じたなぁと思って考えてたら去年のクリスマスに行われたジャニーズWEST"24から感謝届けます"でした!何が類似点なのか、ふと書いてみようと思います(笑)

 

 

 

※私はジャニーズWESTに関してはほぼ無知で、友人に連れていって貰った立場なので、ジャニーズWEST担の方から違和を感じるかも知れないですが、お見知りおきを…

 

 

その①  一体感

この2つのコンサート、どちらも本当に一体感が凄かった!!!!何度かドームのコンサートに入ってますが今までで一番だったと感じてます。特にダブルアンコのええじゃないかのC&R「もう一回」これはほんとに揃い具合に震えました。ペンラの動きも本当~に綺麗で!それを見たメンバーも嬉しそう!!他担ながら声とペンラに泣かされそうになりました(笑)そして、Travis Japan公演はやはりガイズのC&R「Guys Guys PLAYZONE」トラジャ担の本気を感じました。トラジャもファンも全力で、会場の熱量が凄かった!去年のサマステの歓声バトル、声が出せないトラジャ担だったのは幻か?!と思う程でした。あとスパノバでのラップ部分もC&R大きかった!あれ公演でしたの初めてでしたよね??もう何度目レベルの完璧さでした(笑)トラジャ公演熱かった~~!!!

 

その②   セトリと昔の曲

どちらの公演もとにかく楽しくて、何でだろうって思った時に1番思い付いたのは、セトリが凄く良かった点。どちらの公演も緩急が半端じゃない!24コンは盛り上げ曲と魅せる曲と泣ける曲のバランスが絶妙で、飽きさせないなと…。特に感じたのが、一通り盛り上げた後にSCARSから始まる魅せるメロディー、一気に会場が引き締まった気がしました。もう一点がバンバンッ!!~挨拶~All My Love一気に終わりが近づき刹那に駆られました。やっぱり盛り上げた後に良い意味で落とす感じが儚さを増して大好きです(笑)トラジャ公演も過去最高のセトリだと思いました。個人的には本当に削るところが無い完璧過ぎるセトリ!いつの間にこんなに構成上手くなったの?!わちゃわちゃ曲(夏の王様、TJコーリング)とガッツリなダンス曲の温度差しんどい!!!特に運命の人や真夏の夜の花の様な大人の曲を歌い上げた後のTJコーリング(真夏の夜の花は最後の方ですが)。もうギャップに完敗です(笑)トラジャはトークもかなりゆるゆるなグループなので、それ含めてギャップ凄すぎですよね???

どちらの公演も昔を思い出させる曲を披露した点も似てるなぁって感じました。ジャニーズWESTはJr.時代の曲で、トラジャはプレゾン曲。当時を知ってるファンは懐かしい、その時代を知らない人は1度はリアルで見たかった。ファンの事を考えてくれたのかな?と。淳太くんが、インタビューで「新しくファンになったの人が寂しい思いをしている。だから、このタイミングで歌った」と話しているのを見ました。トラジャもこの理由なのかは分かりませんが、多少はあるのかなと思います。最後の挨拶で、PZを見たこと無い人もある人も皆が声を出してくれて…という話を美勇人がしてて、実際トラジャのメディア露出が増えたのがPZ終了後だったので、手紙でその様な声があったのかなと。あの会場で"2017 PLAYZONE"皆で見れて良かった!!

 

 

③ 会場の空気感とファンの暖かさ

どちらの公演もあんなに会場中が涙なみだ、だったのは珍しいんじゃないかと思います。24コンは、時計が巻き戻しされて過去の映像が流れ出した時、昔の曲メドレーの時、挨拶の時この3つが涙のタイミングだったと体感しています。特に挨拶時は会場中が号泣で。メンバーが泣いてるのを見たらつられちゃうよね(T_T)まず空気感とBGMが泣かせに来てるよね(T_T)と思いながら挨拶を聞いていました。挨拶中に感極まって声出なくなるとこは他担ながらグッときました。もしあの場に七五三掛くんがいたら確実に泣いてます()

トラジャ単独では、美勇人のソロ曲にサプライズで弟組が現れた瞬間と、トリプルアンコの挨拶が涙の瞬間かなと。美勇人のソロに出たあの瞬間は、衝撃と興奮でほんとに会場が阿鼻叫喚で、曲が終わってのえるのソロが始まるとき会場から一気に啜り泣く声が聞こえて来たのが今でも印象に残ってます。まるでプレゾン千秋楽かよって。粋な演出しちゃうトラジャ最高かよって。って思いながら、時が止まっちゃいました(笑)あと、挨拶でうみんちゅが叫んだ時と宮近くんが泣きそうになってあの耐えてるときも一気に会場が涙でいっぱいに。。。最後の最後まで涙な空気感がとっても似ていたなと今でも思います!!ファンのあたたかさという面では公演終了後の拍手。どちらの公演もずっーとあたたかい拍手が鳴り続けていて。もしかしたら、まだコールをすれば出てくれたのかもしれないけど、コールではなく感謝の気持ちを伝えた辺り、ファンのファンになりそうでした(笑)

トラジャの公演はいつも拍手で終わるから当たり前だと思ってたんですけど、他のレポを見てそうじゃないことを知りました(笑)だからこそあの時間が尊い何にも変えられない素敵な時間だと思います。

 

 

色々書いたけど、本当にどちらの公演も最高の時間でした!!!またこんな伝説的なコンサートに入れる日を楽しみにしています♡

8/17 トラジャ単独公演を終えて

いつもははてブロを読んでばかりの私だが、今回ばかりは今の感情をどこかに残しておきたいと思い初めて投稿してみた。




8/17 18:00トラジャ単独コンサート(ラスト)@EXシアター

多分、自分の記憶の中でオーラスと呼ばれる公演に入ったのは今回が初めてだった。クリエもプレゾンもその他舞台も初日には入ったことがあったがオーラスに入ったことは1度も無かった。今回の公演は人生初のオーラス公演であり、もう1つの意味でも最後の公演だった。それについては公演が始まる前から皆が察していて、当日誰一人それについて触れなかったけど、トラジャの、そしてファンの空気が痛いほど現実突きつけてきた。




気付けば18:00。照明が落ち、宮近くんが現れて公演がスタートした。仮面舞踏会~ギンギラギン~青いイナズマと懐かしい曲が続いた。今年のクリエに入れなかった者としてはレポで見かけた青いイナズマが見れたの嬉しかったなぁ。夏の王様では7人がギューっと集まって、画面に写った時の様子が今も目に焼き付いて離れない。テレビ誌か何かで残ることに期待!!

軽い挨拶のあと始まったプレゾンメドレーpart1
初日にセトリが回ってきてプレゾン曲を多数する事を知って、本当に泣きそうになった。曲目を見ると代表曲のGuys PLAYZONEに加え、運命の人や真夏の夜の花など同時お兄ちゃん組がしていた曲をしたのを見て鳥肌がたったのが忘れられない。



かなりの期待値の中まいったネ今夜が始まり、一気に青山劇場に舞い戻ってきたと思った。宮近くんにはあまり詳しくないが、屋良くんをとってもリスペクトしていることは感じたよ。そして、流れ出した運命の人のイントロ。あの時と変わらない、スタンドマイクを使った演出。黒ハットを被って歌う七五三掛くんがほんとーーーにかっこよかった!!!安っぽい言葉になるのが辛いけど、色気バンバン出して大人の曲を歌い上げていた。黒ハット×七五三掛くんって無敵だと思う。あとラストサビで高音担当はのえるくんかな?ハモリがめっちゃ綺麗だった!その後に歌った出逢えるまで…もゼイのバックで踊っていたのが最後だから、それをメインで歌うって感慨深かったなぁ。君を抱けるまでは~なんて皆大人になったねと保護者気分になっちゃったよ…(笑)ラストプレゾンの時95年組はまだ高校生だったもんね。




……このままだと最後までたどり着けない気がしたきたので割愛。またそれぞれの曲についても気がついたら残しておこう。



6人のオリ曲?終了後いつも通り美勇人ソロ。ソロを聞くのもこれで最後だなぁと聞いてたら突然現れた人影。あの時会場中が絶叫してたと思う。え??誰??見たら踊ってたのは弟組。あぁ、まるでプレゾンの千秋楽じゃん。サプライズで出るなんてトラジャらしい粋な計らいしちゃって、、、。このメンバーで単独をするのがラストなんて嘘みたいだなぁなんて公演中はふわふわ考えてたけどここで一気に現実に戻された感覚だった。4人にライトが当たることは無く曲は終わってのえるくんのソロが始まったけど、周りの子達はここで一気に涙腺崩壊してた気がする。後ろからすすり泣く声が聞こえてきたのもこの時期タイミングだった。






梶リーグも終わりプレゾンメドレーpart2。
レポから楽しみだった真夏の夜の花。正直あまり記憶にない。あんなに楽しみにしてたのに…(笑)君のすべてを奪い去ったを囁く七五三掛くんに衝撃が走ったことは覚えてる。七五三掛くんほんと素敵な歌声になったなぁ。今回歌声を聞くたびに感じたことだけど。どうなってもいい~イツバはトラジャにとって思い出では言い表せないくらい大切な曲ってのが伝わっきて…。センターが日にちによって変わるのが当時すごく嬉しくて。七五三掛くんがセンターの日には入れなかったけどファンとしても大事な曲だからここでしてくれて本当に嬉しかったよ。そして始まるラストの曲「Guys PLAYZONE」イントロが流れ出したときの印象はキャーーーってよりは、これで最後なんだと噛み締めた上での歓声だった気がする。\Hey you guys? / \guys!guys PLAYZONE/の掛け声に鳥肌がたった。こんなにトラジャ担が声を出してて、一体感が生まれたことはこれまでなかったんじゃないかと思う。自分自身も一人で公演に入ってたけど、全力で叫んだんだからあの会場皆そうだったんだろう。タレントとファンの熱量がこんなにもぶつかり合うことあまり無いんじゃないかと思うくらい。あの場にいた全員が全ての力を出しきっていた気がした。

幕が降りる前、最後の掛け声は今まで聞いてきた中で1番だったと自信を持って言える。最後の最後まで最高の空気で終わらせるトラジャとトラジャ担が素敵すぎてこのまま時が止まればいいのにと思っていた。拳を上げて白い幕が降りてくる演出はスタイリッシュ過ぎてトラジャのかっこよさが最大限生かされて最後まで感動しっぱなし!


ファンのボルテージは最高潮のままアンコールは始まりドンゲリで、可愛さ爆発してた。考えてみれば可愛い曲なんて久々だよね?ずっと踊りまくってたよね?とこの時ふと気づかされる。

アンコールの後にすぐに起きたトラジャコール。ファンとしては、今日だけは、、今日だけは少しでも長くトラジャの公演を見ていたい。その気持ちで一致してたと思う。

ダブルアンコールではたくさんありがとうって言ってくれたね。ほんとこっちの言葉だよなんて考えてたら、宮近くんより「俺たちの方がありがとうだよ。俺たちがありがとうって言うから、どういたしましてって言って」ってなってまさかの掛け声へ(笑)
\\ありがとーーー! // \\どういたしましてーーー!//なんて叫ぶの最初で最後だよ、きっと(笑)
そこからじゃーやっちゃう?って言い出してファンは???って感じで、最後まで曲名言わないから、え?踊るの?ナニナニ?って皆言ってて。そして始まったスパノバ。あの場でスパノバ踊るとは思ってなかったから会場の悲鳴も凄かった。最後の曲にガッツリ踊るトラジャに震えたし、どこにそんな体力残ってたのって本気で思った。ガイズの時点で、色眼鏡有りとして過去最高の全力を見せてくれたから、もう体力も限界なはずなのに。それを感じさせないトラジャが恐ろしく輝いていた。あっ、ラップの部分でC&R急にして揃えるトラジャ担も良い意味で恐ろしかったな(笑)






ダブルアンコールも終わりこれで終わりかなって思ったけどトラジャコールは鳴り止まなくてトリプルアンコール。会場はかなり涙してた子が多かったんじゃないかな。メンバーが出てきて喋る時の空気感が嫌でもこれで全て終わりだっていってる気がして。それぞれ挨拶してたけどやっぱ中村海人の叫びは痺れた。そのままでいてくれー!!って心からの叫びだったんだろうなぁ。宮近が言葉に詰まって泣きそうになった時ほんといつもありがとうって気持ちでいっぱいなったよ。いつか雑誌で見たメンバー内でもグループとしての意識が低かった時から自分の居場所はトラジャだって思ってたエピソード泣けるね。これからも変わらずトラジャを引っ張って行ってね。宮近が先頭にたってなら今まで見れなかった景色も見える気がする。このまま捌けるかと思いきや、うみんちゅの一声で円陣組んで\we are Travis japan/円陣組むとは思ってなくてそこで心の悲鳴あげたんだけど、トラジャとファンが皆で叫んだあの瞬間ほろりと泣いてしまったよ。トラジャが捌けた後に一瞬時が止まって鳴り止むことの無い拍手。ファンからのありがとうはトラジャにちゃんと届いたかな?



エスカレーターで上がってる時かなりの子が泣いてる様子が見受けられて、この公演がいかにファンにとって楽しく儚く素敵な時間だったかを感じさせてくれた。本当に本当に忘れられない夏。きっと来年の今頃もこの事を思い出すことだろう。あの日EXシアターが世界中のどこよりも、熱く皆が燃え尽きた事を。




思った以上に長くなってしまった。これ最後まで読む人居るのかな??(笑)このブログを書きながら、今仙台に向かって移動している。今日のキスマイオーラス公演がトラジャ7人としての活動は最後かと思う。いつもは七五三掛君しか見れない人だけど、今日だけは7人のパフォーマンスを目に焼き付けてこようと思う。




※95年組ではなく97年組